• ホーム
  • /
  • サービス
  • /
  • 福利厚生管理士(EBアドバイザー)について

福利厚生管理士(EBアドバイザー)について

福利厚生管理士(EBアドバイザー)とは、我が国の勤労者が心身ともに健康で豊かな生活が実現できるように、企業の福利厚生・人事労務などの勤労者福祉に関し、適切な助言と制度設計を可能とする業務知識や技能を身に付けた専門家です。
2018年6月29日に国会で「働き方改革関連法案」が成立し、いま企業は「時間外労働時間の上限規制」「有給休暇の消化義務」「同一労働同一賃金の推進」「衛生管理の強化」などの法律に則り「働き方改革」に取り組んでいます。 従いまして、私たちを取り巻く福利厚生や人事労務といった勤労者福祉の社会環境は大きく変わろうとしています。そのような社会環境の変化を踏まえ、当研究所は旧来の「福利厚生管理士(EBアドバイザー)資格養成通信講座」のテキストを全面改訂し、併せて講座内容を更新しました。

資格の種類

標準コース…企業の福利厚生制度、従業員への人事労務に関する適切な助言およびライフプランなどの制度設計を行うために必要な業務知識・技能を学びます。
(※)従来の「有資格者コース」は廃止しました。

資格要件

福利厚生管理士(EBアドバイザー)の資格要件は、「福利厚生管理士(EBアドバイザー)資格養成通信講座」を受講し、講座終了後に当研究所が行う「福利厚生管理士(EBアドバイザー)資格認定試験」を受験し、これに合格する必要があります。資格認定試験は在宅試験(択一式・論述式の複合式)で毎年2回(5月・11月)行います。
なお、合格者には「資格認定証」を授与します(希望者に別途有償)。

主な受講対象者

  • 企業の福利厚生・人事労務担当者
  • 労働組合・共済会・健康保険組合などの勤労者福祉担当者
  • 銀行などの金融機関の法人営業担当者・生命保険会社外務員
  • 税理士・社会保険労務士・FPなどの専門家

通信講座の特色

福利厚生や人事労務に関する適切な助言およびライフプランなどの制度設計を行うために必要な業務知識・技能を身に付けることができます。

通信講座の概要

① 受講期間…原則6ヵ月とします。
② 受講料…60,000円(税別)
③ 資格認定試験受験料…7,000円(税別)
④ 資格認定料…3,000円(税別)
⑤ 教材…テキスト2冊・添削課題(全2回)・模擬試験問題集

福利厚生管理士の現況

  • 福利厚生管理士として経営者に対し、福利厚生・人事労務に係る様々な問題点を指摘し、その改善策に取組み、経営者から高い評価を受けています。
  • 人事・総務・労務などの管理部門の部門長として部下に適切な指示と助言を行い、部門全体の活性化を図りました。
  • 税理士・社会保険労務士・FPなどの有資格者は福利厚生の専門知識を修得することで、顧問先企業の間口を拡充することができました。
  • 人事・総務・労務などの管理部門に長年勤務したシニア層は、福利厚生管理士として今までに培った業務知識・技能をブラッシュアップして再就職して活躍しています。

福利厚生管理士(EBアドバイザー) 養成通信講座(価格は税抜)

福利厚生管理士<標準コース>
講座の特色勤労者福祉に関し、基礎から職業レベルの応用・実践まで体系的に学ぶコース
受講資格実務経験3年程度を目安とする
受講期間原則6ヶ月(在籍期間12ヶ月)
受講料60,000円(税別)
資格認定試験在宅通信試験(択一・論述複合式) 年2回(5月・11月)
資格認定試験受験料7,000円(税別)
試験認定料3,000円(税別)
教材構成テキスト2冊、添削問題(全2回)、模擬試験問題集

※福利厚生管理士 養成通信講座をご受講される方はこちらよりお申込みください。

福利厚生管理士養成講座に関するお問い合わせ

お問い合せフォーム

一般社団法人企業福祉・共済総合研究所
東京都港区芝大門2-11-4 共生ビル別館6階
TEL 03-5776-1421 FAX. 03-5776-1423
Eメール master@riebe.or.jp