◆【健保】給付・第三者行為◆

傷病手当金セミナー(メンタル編)
●対象者
健康保険組合の給付担当者様
●開催日
2013/04/12(金)
●時間
10:00〜16:30
●会場
味覚糖UHA館TKP浜松町カンファレンスセンター(旧味覚糖UHA館) [詳細]
●講座のねらい
一般的な疾病とは異なり、メンタルヘルス疾患は客観的に病状がわからない特徴があります。
その為、同一疾病か別の疾病かの判断が付きにくいことや、労務不能の意見書が難しいことが問題となっています。
本講座では、そうした問題について給付担当の方が、問題を解決するための基礎情報を講義します。
グループワークでは、講師がモデルとなる傷病手当金申請者(メンタル疾病発症)を提示し、関係機関への照会の方法について、参加者間の情報交換・討議を通じて学習していきます。
給付担当の方で傷病手当金についてお困りの際は、この機会の受講をご検討下さい。
●主なプログラム
1 メンタル疾患と傷病手当金基礎知識の再確認
(10:00〜14:00 ※含む昼休憩 )
?私傷病で休業した際の所得保障
?付加給付(給付期間の延長・給付額の増額)について
?傷病手当金の目的と問題点
?傷病の治癒の問題点
?労務不能の問題点
?私傷病(健康保険)と業務上災害(労災)の違い
<参考資料>
・社会的治癒を争点とした社会保険審査会裁決・労務不能
・健康保険関連法令(傷病手当金関連)
・精神障害の労災判定フローなど

2 グループワークと解説(14:10〜15:30)
※グループごとの討議とその結果の発表・講師解説

3 質疑応答(15:30〜16:30)
※事前質問への回答・講義中質問への回答
事前質問はこちらより質問票をお送り致します。
講師:大関 ひろ美
●受講料
会員 25,000円 一般 35,000円
●申込締切日
2013年04月09日
このセミナーの受付は終了致しました。ご要望・お問い合せ等はこちらまで