◆【健保】組合経営◆

財政適正化セミナー
●対象者
●開催日
2020/03/13(金)
●時間
10:00〜16:30
●会場
黒龍芝公園ビル 会議室 (一社)全国中小企業勤労者福祉サービスセンター(全福センター) [詳細]
●講座のねらい
平成25年に国民医療費が初めて40兆円を超え、政府の働き方改革により雇用が多様化する中で、被保険者や被扶養者の動向も変化しつつあり、各健康保険組合の加入者の状況により財政面にも変化をもたらしています。
さらに、改正育児介護休業法による育児休業期間が延長や、平成29年度から施行された後期高齢者支援金や介護納付金の総報酬割などにより健康保険組合の財政の健全化の取り組みをさらに展開していくことが必要になりつつあります。
そこで、第1部では、行動変容と3要素について講義頂きながら、健康保険組合が取り組む保健事業のあり方について理解を深めて頂こうと思います。第2部では、近年の動向を踏まえ、納付金や支援金の仕組みやポイント解説を頂き、ご参加の皆様と財政適正化を図るうえで効果的な保健事業について情報交換しながら、解決への途を探るためのセミナーです。
●主なプログラム
プログラム予定
第1部》10:00〜12:00 京極 浩 講師
保健事業取組のポイント(行動変容と3要素)
〇運動(今より動く)
〇栄養(ヘルシーに食べる)
〇休養(心と体の疲れを次の日に残さない)
 この3要素のベースにあるものが私たちの行動変容です。

第2部》13:00〜15:30 伊藤 昌男 講師
財政適正化を図るための効果的な保健事業について 
・健康保険組合の財政を取り巻く近年の動向と留意点
・前期高齢者納付金、後期高齢者支援金、介護納付金の仕組み
・算定式上のポイントと留意点
・財政適正化を図るうえで効果的な保健事業について

第3部》
意見交換(財政適正化を図るうえで効果的な保健事業について)(15:30〜16:30)

※昼食は会場にてお弁当とお茶のご用意がございます。
研修中にお飲み物が必要な方はご持参ください。
講師:伊藤 昌男
京極 浩
●受講料
会員 26,000円 一般 40,000円
●申込締切日
2020年03月11日
このセミナーの受付は終了致しました。ご要望・お問い合せ等はこちらまで