◆【健保】組合経営◆

行動変容アプローチに基づく保健事業のポイント
●対象者
健康保険組合の保健事業のご担当者の方
マネジメントを行われている役職者の方
●開催日
2012/05/31(木)
●時間
10:00〜16:30
●会場
女性就業支援センター(旧:女性と仕事の未来館) [詳細]
●講座のねらい
健康保険組合では、組合員の健康の保持増進を目的として各種保健事業が行なわれています。そうした中、従来の保健事業とは異なり、新たに「行動変容アプローチ」や「健康教育」の考え方を取り入れた保健事業を行う組合が増えています。
 本セミナーでは、そうした組合の事例を紹介し、組合員・母体企業を元気にする保健事業とはどのようなものかについて、グループディスカッションを交えながら講義を行います。
 つきましては、健康保険組合の保健事業のご担当者様、組合のマネジメントを行われている役職員の方のお申込みをお待ちしております。
●主なプログラム
第1部10:00〜12:00
?これまでの保健事業の再確認
?これからの考え方〜ウェルネスを目指して
?元気が出る保健事業とは?

第2部13:00〜16:30
?保健事業の企画立案ワーク
?行動変容を支援するアプローチとは
?行動変容アプローチに基づく保健事業の事例紹介
?これからの保健事業で大切にしていきたいこと【グループワーク】

講師:加倉井 さおり
●ゲスト講師
●加倉井さおり 氏
(株)ウェルネスライフサポート研究所 代表取締役 、保健師・健康教育コンサルタント
(財)かながわ健康財団にて、保健師、心理相談員として、健康教育を中心に18年間活動する。
 2009年に独立、健康づくり事業やメンタルヘルス・コーチングをテーマに講演を行う。「健康教育スキルアップ研究会」を主宰し、企業・健保・自治体の保健師等専門職の研修を担当し、全国で活動している。
●受講料
会員 25,000円 一般 35,000円
●申込締切日
2012年05月28日
このセミナーの受付は終了致しました。ご要望・お問い合せ等はこちらまで